2013年03月04日

アン・サリー ライブ







昨年末から楽しみにしていたアン・サリーさんのライヴに行ってまいりました。



(こちらは↓左から母、奥さん、そして会場で会った友人のスリーショット。)








仕事をさささと片付けてぴゅんと駆けつける、そういうつもりだったのですが・・・。
何だかんだで会場である豊田市民文化会館に着くのが遅れてしまい、開演時間に間に合わず。
何と三曲も聴きのがしてしまったのです。

でも。
しかし。

とても良かったのです。
素晴らしかったのです。

次の曲を聴いて、遅刻してしまったことなど瞬時に忘れました。
録音されたものと実際の歌声や歌唱が異なり過ぎて、あれれ、なんてことがたまにありますが・・・彼女はそういうこととは無縁な人、です。
彼女のライヴを録音した音源は、その場ですぐに配信したりパッケージに入れてリリースできてしまうことでしょう。
それぐらいクオリティーが高いのです。

才能だけでは、ないはずです。
かなりの準備をされてから臨んでいらっしゃるに違いありません。
僕は彼女のことをよく知らないけれど、そう確信しているのです。
断言できてしまうのです。








書きたいことはたくさんあるのです。
とにかく素晴らしいライヴだったので。

でも僕は、伝える術を知りません。
僕がみなさんに何とか伝えられることと言えば・・・。
満月の夕という一曲が心に沁み過ぎて (隣の席にいたうちの奥さんは僕がなぜか急に鼻水をたらし始めただけと思ったようですが) 実は涙が溢れて仕方が無かった、懸命に嗚咽を我慢していた、ということぐらいでしょうか。

またわがまちに来て歌っていただきたいです。
そしていつか。
いつか僕が主催したりサポートするミーティングのゲストとして、歌声を披露してほしいです。
そんな奇跡的なときが訪れるように、ぼちぼち、がんばります。



アン・サリーさまへ

アンコールのあと、席を立って両手を高く上げてブンブンと振ったのが僕です。
(あなたから見たら右手の方向にいました。)
笑顔で振り返してくださってどうもありがとうございます。
またいつか、どこかでお会いしましょう。

(追伸:ミドルテンポのA Menina Danca、良かったです。次回は超ハイテンポの演奏と高速スキャットを聴いてみたいです。新作アルバムではオリジナル曲が楽しみです。どーんと20曲ぐらい、収録してください。そしてついでにライヴアルバムとDVD、おまけにカバー曲だけのアルバムをさらりと同時リリースしていただけたらさらに幸せです。過去に Lani Hall や Maria Muldaur のカバーをされていらっしゃるので、次はどなたのどんな曲を取り上げて下さるか興味津々です。個人的にはあなたが歌う Judee Sill の曲が聴きたいです。よろしくおねがいします。)


















同じカテゴリー(音の備忘録)の記事画像
Nouvelle Vague
Stockholm Jazz Set
Electric Light Orchestra
Alton McClain & Destiny
Destiny's Child
The Bird and the bee
同じカテゴリー(音の備忘録)の記事
 Nouvelle Vague (2013-03-04 00:00)
 Stockholm Jazz Set (2013-03-02 00:00)
 Electric Light Orchestra (2013-02-14 00:00)
 Alton McClain & Destiny (2013-02-11 00:00)
 Destiny's Child (2013-02-05 01:00)
 The Bird and the bee (2013-02-03 00:00)

Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 10:00 │音の備忘録