2013年01月10日

YUKI







深夜に音楽を。

今宵はこの曲をお送りします。



紅白は最初の数曲を聴いてチャンネルを変えたのですが、たまたまこの人が歌うところは見ました。
歌っている彼女の上から星の形をした飾りがパラパラ、パラパラと落ちてきて、そのうちのひとつが彼女の頭のてっぺんに貼りついて、そのまま留まっていましたね。

とても歌が上手な人ですが、思いを込めすぎたのか歌唱は少々不安定でした。
しかし聴いていた僕とて、テレビ画面の下の方にでていた歌詞を読みながら彼女の歌を聴いていたらこみあげてくるものがあり、涙をこぼさないようにするのに必死でした。

咲くのは光の輪
という歌詞が繰り返されるこの曲。
そして、空の上、という単語。

それを聴いた僕の心の中に浮かんだイメージは、たくさんの人の死。
シングルとしてリリースされたのは、アメリカで悲劇が起こった翌年の2002年。
10年前のこの曲を、昨年の紅白の舞台で歌ったのには意味があることでしょう。





「プリズム」
(作詞 YUKI /作曲 Andy Sturmer)


涙の河を 泳ぎきって
旅は終わりを告げ
光の音に導かれて
此処まで来たけど

ひらいた手のひら
あなたのかわりに
哀しみを抱いて
見果てぬ空の上

あなたは今も しかめ面で
幸せでしょうか
愛してくれる優しい人
みつかるといいね

花咲く丘まで 口笛吹いてこう
いじわるな人が とやかく言うけれど
私は、どこかで まちがえたかしら?
今はわからない
答えは 空の上

三日月が ゆらりついてくるよ
私を見透かして
見たことのない場所へと まだ
歩いていけると 思ったんだ

私はこのまま 信じてゆけるわ
愛の強さゆえ 優しき獣ゆえ
花咲く丘まで 口笛吹いてこう
喜びを抱いて
見果てぬ空の上

咲くのは
光の輪
高鳴るは、胸の鼓動

咲くのは
光の輪
高鳴るは、胸の鼓動

咲くのは
光の輪
高鳴るは、胸の鼓動

咲くのは
光の輪
高鳴るは、胸の鼓動
















同じカテゴリー(音の備忘録)の記事画像
アン・サリー ライブ
Nouvelle Vague
Stockholm Jazz Set
Electric Light Orchestra
Alton McClain & Destiny
Destiny's Child
同じカテゴリー(音の備忘録)の記事
 アン・サリー ライブ (2013-03-04 10:00)
 Nouvelle Vague (2013-03-04 00:00)
 Stockholm Jazz Set (2013-03-02 00:00)
 Electric Light Orchestra (2013-02-14 00:00)
 Alton McClain & Destiny (2013-02-11 00:00)
 Destiny's Child (2013-02-05 01:00)

Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 00:00 │音の備忘録