2012年10月23日

香嵐渓シンポジウム2012 レポート #2





「皆さんこんにちは。本当に良い天気なので、外で元気に体操した方が良いのですけども・・・健康ネットワーク研究会がこんな良い天気でこんな暗い中でディスカッションをしていて良いのだろうかと・・・。多数お集まりいただきありがとうございます。」





ユーモアに溢れる語り口に、会場からは早速笑いが。
シンポジウムの総合司会である足助病院長 早川富博先生の冒頭挨拶はこんな感じで始まりました。


以下はそのとき早川先生が述べられたこと。






・シンポジウム(報告会)は今回が第三回。
・毎年やろうと決めている。
・皆さんのお手元にある冊子について。
事務局のスタッフが昨年のシンポジウムを録音したテープを密かに文字に起こしてくれていた。それを知り、一年遅れにはなるが文章にまとめて報告書を作成し配布することに。
報告書の表紙の絵は、名古屋造形大学 "やさしい美術" の面々によるもの。








学生さんたちが足助病院の中で足かけ8年、美術の仕事をしてくれている。絵はひとつの集落を現わしている。かなりの数の原案の中から投票で選ばれたもの。埋もれてしまうのはもったいないのため表紙に用いさせていただいた。


・香嵐渓シンポジウムという名前について。十数年前、当時の足助町により同じ名前のシンポジウムが開かれた。豊田市と合併した現在においても、この地域の心意気を示すための名前として、香嵐渓シンポジウムという名前を用いてゆきたい。


・今日は二部構成。一部は鼎談。中沢新一先生、河合勝正組合長とともに。
二部は現場からの報告と会場の皆さんを含めてのディスカッションを。







「それでは、ご登壇いただけますでしょうか。」
早川先生の呼びかけで、中沢先生と河合組合長が席を立ち舞台に上がられました。




To be continued.














できました
山里センチメンツ・ミーティング
新たなブログを立ち上げることになりました!
鼎談 (ていだん) の前に #2
鼎談 (ていだん) の前に #1
香嵐渓シンポジウム2012 レポート #1
 できました (2013-01-12 07:00)
 山里センチメンツ・ミーティング (2012-12-13 11:25)
 新たなブログを立ち上げることになりました! (2012-12-13 00:06)
 鼎談 (ていだん) の前に #2 (2012-11-01 15:40)
 鼎談 (ていだん) の前に #1 (2012-10-23 20:36)
 香嵐渓シンポジウム2012 レポート #1 (2012-10-22 09:00)