2012年09月29日

登山口はあららぎ高原 -大川入山-




雲ひとつない、秋晴れのある日。






先日に続いて再び、森を歩く講座に参加しました。





森、と言っても今回はれっきとした山登り。
なにせ1,908メートルの山頂を徒歩にて目指すのですから。






スノーモービルやスキーリフトを横目に登り始めて間もなく。
「これはトウヒです。」
講師の先生がそう言いながら手渡して下さいました。
トウヒという単語を聞いて、心は一気にアラスカへ。
僕が尊敬する写真家の星野道夫氏の著作にたびたび登場する針葉樹なのです。

この日の登山口はあららぎ高原スキー場でした。
既にこの時点で標高は1,145メートルですから、なかなか高いところからのスタート。

しかし。

ここから800メートル近くを登らねば山頂には着けないのでした。






遊歩道

なんてお気楽に書いてありますが・・・。
















To be continued.















  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 20:17森にて

2012年09月29日

ノルディックウォーキングのポール



たまには道具の話を。

僕がいま使っているのは、これ。









LEKIというドイツのメーカーのポールです。





LEKIのポールの特徴は、手からの着脱がレバーにて簡単にできること。
なかなか便利です。









以下の機能は各メーカー共通。
ストラップによってポールが手から離れないことで、ポールを後ろに放り投げるようにして歩いても、大丈夫なのです。











グー、パー、グー、パー。
歩きながら手を開いたり閉じたり
上級者の歩き方ですが、その動きをすることができれば上半身の血液の循環が飛躍的に良くなります。





ノルディックウォーキングは、上半身を遊ばせません。
この特殊な構造のポールをうまく用いることで、ちゃんと上半身を使えます。
手のひらによるポンプ効果だけでなく、ポールでしっかり地面を捉えて歩くことで、四足歩行の動物のように全身を使って歩くことが出来るのです。
ダンベルを持って歩いたり、肘を直角に折り曲げて激しく振りながら歩く方を見かけますが、それらのやり方によって得られる効果はノルディックウォーキングによる効果と比べると、残念ながらほんのごくわずかなのでした。


















ポールの先端、つまり地面を突く部分には着脱可能なラバーチップ。
これをつけていると街なかの固い地面の上を歩くときにスリップせずに済みます。


























  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 16:00Nordic Walking Movement

2012年09月28日

香嵐渓 月見の会






















笹かまぼこは宮城の名産品。久々にいただきました。









こちらは岩手産短角牛の串焼き。とても美味しいお肉でした。

















美しいハープの音色に聴き惚れた僕ら。月見の宴にぴったり。
奏者の方は西尾市からお招きしたのだとか。アンコールが巻き起こり、急遽もう一曲。ありがとうございました。





月を愛でに、足助屋敷前の香嵐渓広場におよそ100名の人々が集いました。





ではあらためて、この夜の献立を。











運営に携わったみなさま、大変お疲れさまでした。
おかげさまでとても楽しいお月見となりました。
来年もぜひうかがいたいです。
























  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 22:00R153

2012年09月27日

ビビンバとホルモン鍋の名店










古くからあるこのお店の料理の味が素晴らしい理由・・・。
何だかわかりますか?

店内のあちこちをしばし眺めれば、すぐにわかります。



毎日きっちり隅々までお掃除をされているのが一目瞭然なのです。
(そう感じられないあなたは、真面目に掃除をしたことが無い人。そうでしょう?)

たとえば、この季節ならば扇風機。
数時間回せば羽根や裏側に埃がまとわりつくはずなのに、まったく無いのです。

使いこまれたテーブルや椅子。
拭き掃除がきっさりなされているのがよくわかります。


















たくさんの人に教えたいけれど、でも、できれば教えたくないお店です。
この人なら、と思う人しか連れて行きたくない、と思う店です。





























  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 14:00桜町

2012年09月26日

飯盛座のお隣さん 




飯盛座についての記事を書きましたが、そのお隣さんである参州楼の写真を記事に掲載するのを忘れていました。








思い起こせば、ここは中馬のおひなさんイヴェントのときに知り合った柄澤さんと偶然再会できた場所。
(柄澤さんはソースかつ丼を美味しそうに食べていました。そのときのことを書いた記事はこちら。)
来年のおひなさんシーズンもこちら三州楼にて偶然、柄澤さんと会いたいなと思います。

ん?
会う約束をすればいいじゃないか?って?
いやいや。
偶然会うのが良いのですよ。
それに不思議なのですが、会えるのです、なぜか。
こういう人とはね。

(なーんて。ちょっと格好つけてみました。)




公開シンポジウムが開かれる10月20日は土曜日ですので、営業されています。 (定休は月曜日)
会場である飯盛座のすぐ隣です。
シンポジウムの前後にぜひお立ち寄りください。
待ち合わせにも良いし、シンポジウムの内容について熱く語り合うのにも都合が良いロケーションです。


























  


2012年09月25日

懐かしのチキンコロッケ




















駅前で奥さんと夕食を食べた帰り、チキンコロッケを買い求めに立ち寄った際、ごくごく短い時間でしたがご主人とお話できました。

こちらの創業は昭和29年。
僕らの祖父母や父母も若い頃から親しんできた味。
「懐かしんで訪ねてくださるお客様のためにも、(駅前通り北地区再開発事業との兼ね合いで場所を移転しなければならないかもしれないですが、もしも移転したとしても) 今のお店の雰囲気を維持したいです。」
とおっしゃっていました。
嬉しいお言葉でした。
これからいろいろと大変だと思いますが、応援していますので頑張っていただきたいです。

ブログに写真を載せたい旨をお願いすると快くOKしてくださいました。
どうもありがとうございます。













  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 13:00喜多町

2012年09月24日

すや 栗きんとん






















僕がいわゆる外回りの営業、という仕事をしていた頃、この季節になると誰よりも早くここのを買い求めようと走ったものでした。
届けたのは僕が好きなお客さんたち。
そのときの売上額に関係なく、喜ぶ顔を見たいと僕が思うお客さんたちのみ、でした。































  
タグ :すや


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 14:41おやつプレゼン

2012年09月23日

飯盛座

































2012年10月20日(土)に開催される公開シンポジウムの会場である飯盛座。

近くに用事があったので、その様子を写真に収めてきました。
この日はデジカメを持っていなかったので携帯電話のカメラで撮影したちょっと粗い写真となりましたが、少しでも雰囲気が伝われば幸いです。
外観やロビー付近はこじんまりしていますが、実は362名を収容できるホールです。
小さなまちのホールのキャパシティーとしてはまずまずなので、当日は多くの方々に足を運んでいただき盛況となると良いな、と思っています。

なお、この飯盛座 ( 足助交流館 )の隣には、足助の洋食屋 参州楼があるのですが、ふたつの建物の間の小路はなかなか雰囲気が良いですよ。とても短い小路ですが、訪れたこのとない方はぜひ一度は歩いてみてください。
(上から二枚目と六枚目の写真がその小路の様子です。)



























  


2012年09月23日

百年草の感謝祭は本日まで











足助にある百年草感謝祭は9月22日(土)、23日(日)の二日間。
つまり本日まで。
お時間がある方はぜひ足を運んでくださいね。

わが家は昨日、寄ってきました。
こういうイヴェントには早い時間に行くのが鉄則です。
オープン時間の朝10時に会場入りしたので駐車するのに困ったり、人ごみにイライラ、食べ物を買うのに行列したり、といったストレスが一切ありませんでした。















スタンプラリーもやってますよ。






ZiZi工房関連の写真ばかりとなりましたが、もちろんバーバラハウスも盛況でした。

以下は、百年草ブログより抜粋した情報です。
ご参考までどうぞ。



『今年は、昨年よりさらにパワーアップして開催いたします。お子様からお年寄りまで楽しめる催事になっております。ぜひお楽しみに。
※当日は駐車場が満車の可能性があります。森林組合、農協の駐車場、しげ鶴さんの駐車場など、少し離れた駐車場をお勧めいたします。どうかご協力下さい。

平成24年9月22日(祝 土)23日(日)午前10時~午後4時
豊田市百年草にて

・ZiZi工房バーバラはうす10%OFF!!
・お気軽フレンチ屋台 ¥500(1皿)
・百年草×こだわりDOG販売 ¥300
・足助屋敷『五平餅』¥300『鮎の塩焼き』¥400
・バンバン堂の射的 ¥200
・バンバン堂の駄菓子と駄玩具屋さん 
・いとやの屋台
・ふわふわドーム『トヨカモラ』 無料
・『金魚すくい』 ¥100
・『風船つり』 ¥100
・『K’sバンド』のJazz演奏
・ZiZi工房『フランクフルト』 ¥200
・山野草の展示即売
・産直野菜の販売
・ポン菓子 ¥100
・綿菓子 ¥100
・ポップコーン ¥100
・ぜんざい ¥100
・たかきび串団子 ¥100
・焼き芋 ¥150
・花苗
・ソーイング
・古布細工
・エコクラフト
・手作り小物
・手作り陶芸品
・包丁とぎ ¥400~
・笑福工房
・防災減災コーナー』

































  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 01:34R153

2012年09月21日

Hutte(ヒュッテ) Vol.8  山と溪谷社




今回の特集は、秋の山で、一泊。











こたつにストーヴ。
最高の表紙ですね。
毎度、写真が素晴らしいです。
この本をまだ読んだことがない方は、ぜひ書店で手にとってみてください。













  
タグ :ヒュッテ


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 21:02書店にて

2012年09月21日

森のえびフライ レシピ




森に落ちていた"えびフライ"のことを以前の記事に書きましたが、その正体について書くのをすっかり忘れていました。

(と上から目線で偉そうに書きましたけど、僕も森林学校の講座に参加するまではこのえびフライのことなど知りもしなかったのです。)












この"えびフライ"をこしらえたのは、リスです。
材料は松ぼっくり。

レシピは・・・
リスに聞いた方が良いですか?



(なお、サルがこしらえるフライもあるそうです。)



















  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 08:00森にて

2012年09月20日

山頂にて





山頂にて。






以前の記事でお弁当を広げていたのはここです。
(山の名前と標高が書かれた小さな木の看板が置かれていました。看板には今年の二月中旬の日付が!置いてくださった方々は、とても寒い季節に登られたのですね!)






竹林で覆われていたせいで長らく光が入らず暗くうっそうとしていたという山頂は・・・






今ではかなり切り開かれ太陽の光が一面に射していました。
三年ぐらい前から有志のみなさんらで随分手を入れられてきたのだそうです。
(そのことをつい最近知ったのも、実は今回の森歩きに参加しようと思った理由のひとつでした。)







年に二回ほど山に登り、この山頂の竹を伐採されているとのこと。
もちろん切るだけではありません。切った竹をそのままそこに置いておくわけにはいきませんから。








よいしょ、よいしょと運んで、せっせ、せっせと並べて・・・切ったあとの後始末もかなりの重労働のはずです。
パソコンの画面越しではなく、実際に山頂に立って見てみて、作業に従事されたみなさまの頑張りに頭が下がるばかり。







講師の先生や過去にボランティアにて伐採活動に参加された方によれば、決して竹や竹林が悪いわけではなくて、あくまでもこの山の場合は、山頂の植生を整えるために竹にどうしても犠牲になってもらわざるを得ないとのことでした。







様々なことを考えてみた結果、このブログに今回訪ねた森がある山の名前を記すことはやめました。
(とはいえ、上に山の名前が書かれた看板の画像を掲載したので、山の名前を含めたいくつかのキーワードでインターネット検索すれば、みなさんはこの山に関する多くの情報を得ることができるわけですが。)








山のふもとにほど近いところに実家があるというだけで、そしてたった一度、伐採後の山に登ったというだけで、多くを書けるものではありません。
僕がいますべきことは、この山と森について薄っぺらいことをペラペラしゃべったりスラスラ書いたりすることではなくて、まずは愚直に足を運ぶことなのだな、と今回の体験を通じて思いました。








ただし。
人知れず地道に、終わりがないかと思われるようなハードワークを山中で一所懸命して下さっている方々が、それも無償で汗をかいてくださっている方々がたくさんいらっしゃるということは、ここにしっかり書いておかなければいけないと思います。
山が寂れ、お寺が朽ちていることを記したいくつかのインターネット上の文章の中で、ふざけた人たちを山に呼び込んでしまいかねない配慮が不足した迂闊な記事を見かけました。
木々や草花を痛めつけ、ゴミを捨て、そしてさらなる倒壊の危険があるお寺の中に肝試しのつもりで立ち入る人々。
そういう人たちを誘いかねない記事。
問題ある文言の削除や訂正をぜひしていただきたいものです。

それともうひとつ。
父母に聞いた話ですが、今は亡き僕の祖母がまだ元気だった頃は祖父母らを含めたふもとの集落の人々がこの山に定期的に登って、山門やお寺の掃除や手入れなどをしたり、花をたむけたりお供えをしていたそうです。
そういう時代が確かにあったということも、ここに書いておかねばなりません。

山の恩恵を受けて暮していた人々が確かにいた。
人々は感謝の気持ちを持って頻繁に山に登り森を歩いていた。
山歩きをする人ならば、そういう光景に思いを馳せずして、寂れた、朽ちた、果てた、などと簡単に言い捨てるのは良くないなと思うのです。








この山のふともの集落はダム建設の影響によって一気に過疎化が進み、その後日本各地の山あいの集落がたどるのと同じような経緯で高齢化がどんどん進みました。
山の手入れがなされなかったのも、お寺が崩れてしまったのも、上に書いたこととは無縁ではないと思われますが、その理由のすべてを紐解くのは今となっては容易なことではありません。
日本のあちこちで、お寺や神社の立て直しが大変困難な状況になっているようです。
この山のように、既に人がいないお寺はもちろんのこと、人がいるお寺でも苦しいのですから。
それに未来に向かってその状況はますます悪化するに違いなく、なす術もなく朽ちていくケースを我々は目の当たりにするばかりでしょう。








今後は、山の手入れのお手伝いをしつつ、お寺についても地道にコツコツと、自身に出来る限りのことをしたいと思っています。
(まずは11月に行われるという本年二回目の竹伐採作業に運搬・清掃要員として参加します!参加予定のみなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます!)




































  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 12:11森にて

2012年09月20日

千匹大絵馬があった場所















先日の森歩きのとき、久々にここに訪れることができました。
なにせ前回訪れたのは僕が小学生の頃でしたから。



ただいま勉強中です。
どうにかしたいんですけど、どうにかするにはどうしたら良いのかわからないので、勉強しているのです。




























  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 00:24森にて

2012年09月18日

森を歩く講座にエントリーしたわけ #2




前回の記事からの続きです。














山里育ちなのに山を知らない・・・。
しかし何ら気にならなかったのです、数年前までは。

短い期間に両親が立て続けに手術を受けたある時期とか。
昨年の震災の後とか。
それまでとは違う感覚が僕の中で芽生えました。
なぜかやけに、木々や草花の緑が眩しいな、愛おしいな、と思うようになったのです。

それは、誰の人生もやはりたった一度きりで、それはいつか必ず終わりが来るのだな、と、ごくごく当たり前のことを実感したから、かもしれません。
そう、人間だけではありませんね。命あるもの、すべて、です。
すべては一度きり。
始まりは終わり。
終わりは始まり。
















今から木々や草花の名前を覚えるのは正直ちょっとめんどうなのですが、めんどうだけど始めてみようかな、と思い始めたとき、たまたま森を歩く講座のことを知り、おまけにその行き先のひとつが僕の地元からほど近い場所だったものですから、これはエントリーしろってことだな、と思ったのです。

























  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 22:49森にて

2012年09月17日

森を歩く講座にエントリーしたわけ #1









森を歩く講座にエントリーした理由。
それを書きます。

僕の祖父は山で仕事をしていた人でした。

と言っても、猟師や木こりだったわけではなくて、木材を得るための山々を地主さんと交渉を重ねて買い取る担当だったそう。つまり、一応会社員だったわけです。
しかしそんな業務を担当する部署を抱える会社なんて、今の日本ではどれほどあるのでしょうか。
昔に比べて山の価値が小さくなったと言われる現代。僕の実家でも山を持っていますが、その価値はあってないようなもののようです。扱いやすさの面で建築資材により適した安い輸入材の台頭や木を用いた住宅の建築需要が少なくなったことで国産の木材を扱う商売が衰退したからです。

しかし戦後しばらくは価値がかなり高かったそう。
その昔。
僕らの国では木材を大量に必要とした時代があり、天然林を伐採した場所に成長が速くて木材加工に適したスギやヒノキなどを植えてせっせせっせと人工林を作ったのでした。
人々を後押ししたのは、国。
国の政策だったのです。
スギやヒノキを植えた山は宝の山。
皆、そう思いました。
そしてもちろん、実際に儲けた人も大勢いたそうです。

あっ、いけない。
話がとても大きくなってしまいました。
とにかく、祖父が山に関係した仕事をしていたのです。
そして僕はと言えば、産まれた場所は市内のキユーピー工場のそばでしたが、二歳頃には祖父のいる家(父の実家)に転居
して、山と川に囲まれた山里で大きくなるまで暮らしました。
しかし、何というか、うちの祖父は孫である僕に山のことをあまり教えようとはしませんでした。
あまり、というよりまったく、と言っても良いかもしれません。
家の縁側に行けば目の前に見えるというのに。
祖父のスタンスは僕の父に対してもほぼ同じ。もちろん父の場合は、父が幼い頃はそうでもなかったようですが、いつの頃からか、「これからの時代は山などを持っていてももう仕方がない」、祖父はそう思ったようです。
ですから父も祖父と同様に僕に山のことを教えることはいままでほとんどなく、結果、僕は山のことなど何も知らないまま、人生を生きてきたのです。とはいえ、教えられなくても自然と自ら興味を抱くこどもだっているでしょうから、祖父や父のせいにばかりしていられませんが・・・僕の場合はそんな感じだったのです。

長くなってしまいました。
この続きは、次回の記事で。













































  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 11:00森にて

2012年09月16日

噛むと甘いのです




森を歩いた話のつづきです。









講師の先生にすすめられて、葉の端を口に含んで噛んでみたところ、甘味を感じました。
嫌みのない良い甘味で、僕はその味をとても気に入りました。

引き続きガムを噛むように、噛みました。
むむ。美味。








味もさることながら、とても良い香りがするのです。
上品な良い香りで、しばしかいでいると何だかリラックスできそうな気がしました。

「昔の人は山仕事の合間にかじったそうです。この葉っぱ、疲れたときに良いと思いませんか、山歩きの最中にたまにかじると疲れた体が癒されます。」
というようなことを講師の先生が教えて下さいました。



この植物はタムシバとかカムシバ、またはニオイコブシなどと呼ばれているそうです。














To be continued.


















































  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 22:23森にて

2012年09月15日

ブナの木を目指して




前回の記事からのつづきです。







森を歩いた、と書きましたが、この日僕らが目指したのは、ブナの木。
標高は1000mに満たないながらも、森や植物に詳しい専門家の先生が
「なかなか面白い森があります。」
とおっしゃる山を登ったのでした。
上の写真は、その山の山頂にあるブナの木のたもとに到達したところ。







ブナの木に








触れてみました。








みな、思い思いの場所によっこらしょと腰をおろして、ブナの木を眺めながらランチをいただきました。









では、ここから少しずつ時計の針を戻してゆきたいと思います。










(To be continued.)






  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 09:00森にて

2012年09月13日

ブナの実など





今日は森を歩きました。
仕事で、ではなくて、プライヴェートで参加した森林学校の講座にて。

これらは僕が家に持ち帰ったもの。
奥さんへのお土産です。













これらはブナの実。







殻はなかなか可愛い形をしています。














こちらは・・・おなじみのえびフライ

・・・ではなくて。さて、正体は何だと思いますか?



何回かに分けて、今回の森歩きを記事に綴ります。
お楽しみに。




























  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 21:52森にて

2012年09月13日

さらにコラボ




前回に続き、またまたコラホ゛。














( 三浦亜希子さん作の器に、僕がこしらえたおかずをのっけたところ。 )




結局、僕も奥さんも都合がつけられず、天然灰の器 めしわん展にお邪魔することができませんでした・・・。

以下は私信。
三浦さん、毎日お疲れさまでした。
今回わが家は出かけられませんでした。残念です。
またどこかで器を見せていただきたいし、そしていつかわがまちにもお招きしたいと思っています。















  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 08:00

2012年09月12日

北欧のとある広場にて





北欧旅行のときに、思わずパチリ。
ついシャッターを押してしまいました。

ノルディックウォーキング発祥の地、フィンランドはヘルシンキ・・・ではなくて、ここは確かお隣のデンマークのコペンハーゲンにある広場だったかと。








親子、です。
たぶん。

だって立ち姿が一緒ですから。

そして、二人はお父さんを待っています。
待ち合わせに遅刻しているお父さんを探しています。

たぶん、そんなところ。




















  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 21:00Favorites