2012年03月07日

続・小渡Kにて 























こちらも、小渡Kにて休憩されていた方たちです。
穏やかな佇まいがとても良い感じだったので、申し出て写真を撮らせてもらいました。
(三人の方へ。最後に撮った記念写真の出来はなかなか良いです。メールの送信先をお教えいただければ、送ります。このときお渡ししたカードに僕のメルアドが記してありますのでお手数ですが一報いただけると幸いです。)








このあと僕は近くのお店で食事をしたのち、足助に向かって車を走らせたのですが、その途中、気合いを入れて勢い良く走る三台のロードバイクを追い抜きました。
バックミラーで見たら、この方たちでした。
走っているときと休んでいるときの姿にはかなりのギャップがありましたよ。
小渡Kでのリラックスされた姿も良い味をかもしだしていらっしゃいましたが、やはりビュンビュンと風を切って走っている姿は格好良いなと思いました。













  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 23:50ロードバイク乗りのみなさん

2012年03月07日

小渡K で 「春」 に出会いました。






春です。
春を感じます。










ウグイスも鳴きだしました。

「まだまだ下手だね。でもそのうちに上手に鳴くようになるよ。」

遠い昔、春先に祖母がそういうたびに、こどもだった僕は複雑な気分になりました。
「動物なのに、鳥なのに・・・たかが人間のばあさんに鳴き方が下手とか言われてしまうなんて・・・おい、くやしくないのかよ。」
そう思ったものです。





あっと、こんな入り方をしてしまうと、うまく本題に入れませんね。しまった。

ひとつ前の記事を読んで下さったみなさま、ここがあの小渡Kです。
誰がいつからそう呼びだしたのか、小渡のサークルKだから、小渡K。
このようにロードバイクを愛するみなさまが一息つくスポットとなっており、そうした方々がこのお店をニックネームでそう呼んでいらっしゃるのです。なかなか素晴らしいネーミングだと思いませんか?
この方々は、茶臼山女子部のみなさんです。
もちろん記念写真なのでお顔まで撮っておりますが、ブログに載せられるのはここまで。
みなさま、とても美しくてびっくり。ブログに載せたいのですが、とお願いしたら快くOKしてくださいました。ありがとうございます。
(オリジナルの写真データはどうにかしてお渡ししたいと思っています。)















美しいだけでなく、みなさんとても爽やかで、そしてあたたかい感じの方々でした。
そう、季節で例えれば、勢い良く、そして色鮮やかにたくさんの命が芽吹く春みたいな・・・そんな感じ。













  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 21:34ロードバイク乗りのみなさん

2012年03月07日

Driving









今日は休日。

家でグデグデしようと思っていたのですが、職場の敷地内でスタッフ共用にて使っている車のキーが、僕のズボンのポケットからチャリンと転げ落ちました。



・・・うう。

スペアキーがあるのはわかっているけれど・・・

愛車 Fiat500 TwinAir は定期点検を終えオイル交換を済ましたばかり。
曇り空ではありましたが寒さは厳しくなく、雪や雨は降っていません。
奥さんに、「キーを戻しに行きがてらドライヴしてくるよ」、と告げて、朝7時過ぎに家を出ました。

以下は今日、Fiat とともに訪れた行き先の一覧です。
走行距離は、一般道ばかりで何と140km!
かっこの中は目的と、会って談笑などした方たちについて。
詳しくは、これ以降の記事にて写真を付けて綴っていこうと思っていますが、まずは一日の流れを簡単に書きだしてみます。

では時間軸に沿って、どうぞ。



9:00 頃~
岐阜県恵那市串原の郵便局

(通りかかったらちょうどオープン。奥さんに頼まれた振り込みを済まし、矢作ダムの周りをしばし走ったのち、小渡町へ。)


9:30  頃~
豊田市旭支所そばのサークルKさん

(飲み物を買いに。ここはロードバイクに乗る方々が休憩される場所として有名。茶臼山女子部の皆さまに遭遇。とても恰好良い方々ばかりだったので、ブログにのせたい旨を告げお写真を撮らせていただきました。この方たちのことは次の記事にて書きます。)


9:40 頃~
豊田市旭支所交流館

(豊田市に併合される前の旭町の歴史が書かれた書籍類を読みに。土日のみオープンする資料館に多くの資料を移してしまわれたとのことでしたが、当時発行されていた広報旭という月刊冊子をまとめた記念誌ならあるとのことで、それをじっくり読ませていただきました。お名前、わかりませんでしたが丁寧にご案内いただいた女性職員の方、どうもありがとうございました。)


10:40 頃~
再び旭支所のそばのサークルKさん

(今度は男性三人のロードバイク乗りの方々と遭遇。またまた写真を撮らせてもらいました。休憩中のところ、ありがとうございました。こちらも茶臼山女子部のみなさんとともに記事にさせていただきます。なおサークルKの方には駐車場で写真を撮らせていただく旨、あらかじめ許可をとりました。)


11:00 頃~
笹戸温泉の清山荘さん

(コーヒーを飲むつもりで入ったけれど、結局お昼ご飯をいただきました。お店の方と短い時間でしたが楽しくお話できました。お許しをいただいたので近日中に別途、お店の写真つき記事をアップします。)


11:50 頃~
笹戸温泉のとうふやさん

(ノンアポだったのに、支配人さんが快く相手をしてださいました。今日は僕の話ばかりになりましたが、次回訪問時には詳しく取材をさせていただくつもりです。実はとうふやさんは、僕のもうひとつの活動である山里センチメンツの取材候補であります。しかし今日は突然の訪問にて自己紹介まで。センチメンツの件まではお話ししませんでした。)


12:15 頃~
豊岡の豊岡屋さん

(こちらのお店の前にある自販機には復刻版森永ミルクココアがあるのでゲット。しかし今日は飲みません。買っただけ。ちなみに息子さんは僕の友人です。)







12:30 頃~
足助町内

(近くに住みながら未体験の中馬のおひなさんというイヴェントを見るために立ち寄り。ここで楽しく話をした方たちは次のとおり。
⇒「空」など、地元のお酒についていろいろ教えていただいた村定酒店さん、
中馬のおひなさんのポスターを毎年描いていらっしゃる岡崎市にある工房スカラベの柄澤さん、
一般のご家庭ながらおひなさまを公開していらっしゃった柘植さん、
もち花を買いに立ち寄った金原生花さん、
お店の奥にてお茶と桜餅に苺が入った「いちごびな」をいただいた両口屋さん、
シシコロッケをいただいた井筒亀さん、
やはりお店の奥にて美味しいお抹茶をいただいた、かねさん茶舗さん、
関東煮をいただいたこまやさん。こちらのおばさま、僕の出身高校の一期生だとわかりびっくり。大先輩でした。
いずれも、後日あらためて記事にします。)


16:00 頃~
うなぎの川安

(おひなさん散策にて上記のようにいろいろ飲んで食べましたが、良い香りに誘われて、夕方の開店直後のお店に吸いこまれ、うな丼をいただきました。現在使われているお米のことを教えてもらいました。こちらについてもお許しをいただいたので後日新たな記事に写真付きで綴ることにします。)


17:30 頃
下山、香恋の里

(・・・に行くつもりが場所がよくわからずウロウロ。ナビでは支所付近を指し示してしましたが・・・。もちろんばっちり着いていたいたとしても時間が遅いので建物を遠巻きに見るだけに終わったことでしょう。下山界隈にまともに足を踏み入れるのは実は初めて。とても開けたところでびっくり。きれいなまちでした。やむなくあたりをぐるりと回ったのち、松平を抜けて帰宅。大合併で豊田市となった山間部の一般道を走り回った愛車 Fiat 500 TwinAir の本日の燃費はリッター約17.5kmでありました。ご苦労様。)







※今日のドライヴ中に車中で聴いた音楽はこちら。

Judee Sill / The Asylum Years
Elis Regina / In London
Felt / Me And A Monkey On The Moon
Donald Fagen / Morph The Cat











  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 20:00Fiat500TwinAir

2012年03月07日

Designed by・・・





これは現在書店に並んでいる雑誌。
昨日、買い求めました。







ちょっとここではその姿をお見せできないのですが、勤め先の敷地内にちょっと変わった形をしている古い建物があります。
何気なくその建物のことを先輩に話したら、「おぉ、あれは若い頃の安藤忠雄がデザインしたそうだぞ」、と先輩が言ったので、僕はすっかり興奮してしまいました。

「す、すごい。あの安藤忠雄が設計した建物だなんて!」



今年の初め。

安藤忠雄氏の講演を聴きに行きました。
話はとても面白くて、そしてここではとても書けないような氏と聴講者との刺激的なやりとりなどもありまして、ますますファンになったところだったのです。

でも結局、他の人から「あれは安藤忠雄氏のデザインではなくて、同じくらい著名な建築家である、○○○○氏の事務所にいた何とか言う人が設計したものだよ」と指摘・訂正がなされました。
先輩はちょっと間違えて覚えていたのでした。
(そんなことがあったあと、たまたま書店を覗いたらこの雑誌を見つけた次第。)



でももちろん僕はその先輩を責めたりはしません。
だって、ほんの数分の間ではありましたが、とても良い夢を見させていただきましたので。笑













  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 07:00書店にて

2012年03月07日

Fiat500 TwinAir




















壊れてしまって修理をしているわけではなくて、定期点検を受けているところ。
(オイルetc・・・、なかなかの出費でした。)
















これは、わが愛車。

Fiat500 TwinAir という名のイタリアの車です。
初めて見たとき、僕はこいつの丸っこくて愛らしいボディーの形に心を射抜かれたのでした。

デザインだけではありません。
エンジンは二気筒でターボ付き、排気量は875ccというちょっと変わった仕様。

イタリア人の素晴らしい美的感覚と遊び心、そしてこだわりが満載の車なのです。

(もしも走っているところを見かけたら、手を振ってくださいね!振り返します!)



ちなみに、後部座席にはいつもノルディックウォーキングのポールをのせています。
もちろん、いつでもどこでも歩けるように。











  


Posted by Toyota Nordic Walking Movement  at 00:00Fiat500TwinAir